FC2ブログ

荒島岳登山 シャクナゲ平で撤退

2月21日
土曜はどうやら快晴の予報、仕事も暇なので有休を取って荒島岳にチャレンジしてきました。雪山の荒島岳には2年前に挑戦、その時はシャクナゲ平から先はガスでホワイトアウト状態、さらにバテてそれ以上進む体力もなく撤退。今回は何とか登頂したいと快晴のチャンスを待っての挑戦です。
8時20分頃、勝原スキー場跡到着。すでに駐車場がいっぱいです。予報通り快晴で夏山のような混雑です。
DSC07003.jpg

準備をして8時42分登山開始です。スノーシューを履こうかどうか迷ったが気温が低くてゲレンデの雪が固くトレースもいっぱいあるのでツボ足でスタート。
DSC07004.jpg

登り始めですでに汗だく、途中で上着を脱いで歩きます。
9時26分リフト終点跡到着。休憩せずに登ります。
DSC07005.jpg

トトロの木通過します。たぶんトトロの木だと思う。
DSC07008.jpg

たぶん白山ベンチ辺り。振り返ると白山が綺麗に見えます。
DSC07011.jpg

シャクナゲ平の少し手前から風が強くなってきたので上着を着ます。ここで少し休憩。コーヒーで温まります。思ったより風が強いのでバラクラバも被ります。
シャクナゲ平への急登です。風がかなり強く急登がきついです。ここら辺から下山者が大勢下りてきます。
DSC07014.jpg

11時5分、シャクナゲ平に到着。山頂方面はすごい風が吹いています。山頂に向かおうかどうか様子を見ている人が20人くらいいて、さっき下ってきた人達は引き返したようです。
DSC07016.jpg

もちが壁を登っている人達が見えます。上部にいる数人は強風のため動いていないように見えます。その先の稜線にも数人動いているのが見えます。20人近くは向かっているようです。
DSC07018.jpg

白山は雲一つない快晴で綺麗です。
DSC07020.jpg

もちが壁上部から山頂への稜線をアップ。もちが壁を過ぎてからのほうが風が強そうに見えます。様子を見ているうちに2人組が2組とソロ1人の5人くらいが山頂に向かいます。自分は迷ったが雪山初心者のソロ登山では厳しいと判断。快晴だけに残念ですが勇気ある撤退をすることにします。
DSC07023.jpg

下山中もドンドン登山者が登ってきます。山頂の風が気になっている人が多かったです。
さっきまでの風が嘘のようになくなり途中で暑くなり上着もバラクラバも脱ぎます。リフト終点跡まで下ってきました。
DSC07027.jpg

気温が高くなってきたので雪が重くなってきて歩きにくいですが、12時38分駐車場到着です。
DSC07031.jpg

今回はぜひとも冬の荒島岳の山頂に立ちたかったがまだまだ未熟な自分では厳しい状況でした。天気が良かっただけに残念でしたが3月の残雪期に再チャレンジしようかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。