FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川岳登山 西黒尾根~天神尾根~田尻尾根

10月10日・11日で上信越に遠征に行ってきました。たぶん今年最後の遠征です。
1日目は前から行ってみたかった谷川岳です。

10月9日
仕事が終わってから最後の準備をして20時頃自宅を出発。深夜1時30分頃ロープウェイ駅があるベースプラザに到着。立体駐車場に誰も係員がいないためそのまま車を止めて車中泊をします。

10月10日、6時前に起きて準備開始。駐車場の係員はまだいないのでそのまま6時30分頃出発します。一ノ倉沢への舗装道路を歩きます。
DSC06557.jpg

一ノ倉沢は車両通行止めです。ここを過ぎると谷川岳登山指導センターがあるのでここで書いてきた登山届けを出します。
DSC06558.jpg

指導センターから舗装道路を少し行くと西黒尾根登山口に到着。6時43分登山開始です。この西黒尾根は日本3大急登の1つで山頂まで3.7km標高差1200mを一気に登ります。時間はあるのでゆっくり登ります。
DSC06559.jpg

いきなり急登ですが今日は日帰り装備なので大丈夫そうです。しばらくすると鉄塔を通過します。
DSC06563.jpg

にっぽん百名山でも紹介された自然のベンチがあります。
DSC06564.jpg

まだまだ急登が続きますがここまでは登りやすいです。しかし、風が強いので天気が心配です。
DSC06567.jpg

1時間以上登ると樹林帯を抜けて視界が開けます。天神尾根とロープウェイ駅の天神平が見えます。
DSC06569.jpg

ここから岩場が始まります。
DSC06571.jpg

最初の鎖場です。
DSC06575.jpg

鎖場を上から見たところです。足の置き場はいっぱいあるので難しくないが思ったより滑るので注意です。
DSC06576.jpg

続く稜線が見えますが上部は完全にガスの中です。今日は天気が良いと思って選んだのに計算外です。
DSC06577.jpg

ここまで来ると一ノ倉沢がよく見えます。ロッククライミングの聖地で800人以上亡くなっている怖い所です。
DSC06579.jpg

晴れ間が見えているのでガスが晴れることを祈りましょう。
DSC06581.jpg

あそこは一ノ倉尾根になるのかな、晴れてきています。
DSC06583.jpg

紅葉も良さそうです、日が当たっていればもっときれいに見えそうです。
DSC06585.jpg

この鎖場はもっと滑るので鎖を頼りに慎重に登ります。
DSC06587.jpg

8時32分、ラクダの背に到着。ここまで3人しか会ってませんがここで3人休憩してます、静かな登山道です。
DSC06596.jpg

ここから少し下ってまた急登です、ガスは晴れそうもありません。
DSC06598.jpg

下ったところがガレ沢の頭で巌剛新道の分岐でもあります。
DSC06599.jpg

登ってきた尾根を振り返ります。
DSC06602.jpg

ここはガレ場なので落石を起こさないように気をつけます。
DSC06603.jpg

ガレ場を過ぎると登りやすくなってきます。
DSC06605.jpg

ガスの中に突入、ペンキを目印を頼りに進みます。
DSC06611.jpg

ここは傾斜は緩いがツルツルで滑りまくりで注意です。
DSC06612.jpg

山頂まですぐそこです。
DSC06614.jpg

西黒尾根と厳剛新道は下山は中級者以上の健脚者向けだそうです。
DSC06615.jpg

山頂への道は何本もあってガスで分かりづらいがうっすらと指導標が見えてきます。
DSC06616.jpg

9時43分、山頂のトマの耳に到着です。登山口からちょうど3時間です。でかい三角点があります。風が強く寒いので上着を着込みます。
DSC06618.jpg

もう一つの山頂、オキの耳へガスの中向かいます。途中の岩が滑るので注意です。
10時頃、トマの耳到着です。こっちの方が標高は高いようです。トマの耳から御一緒した人と写真を取り合ってからガスが晴れそうもなく寒いので肩の小屋に向かいます。
DSC06625.jpg

ガスの中、肩の小屋が見えてきました。
DSC06627.jpg

肩の小屋は中でも休憩できますが、靴を脱がないといけないので外で休憩します。ちょっと早いが腹が減ってきたので昼食にします。このあたりから天神尾根からの登山客が増えてきます。
DSC06628.jpg

少しだけ日が差してくるときもあったがガスが晴れそうにはなさそうなので10時44分下山します。下りは天神尾根から下ります。こっちは整備されていて歩きやすいです。
DSC06629.jpg

天神尾根はロープウェイを利用できてお手軽に登れるので平日にも関わらず賑わっています。
DSC06631.jpg

山頂は相変わらずガスってます。草紅葉もきれいです。
DSC06632.jpg

向こうの尾根は中ゴー尾根かな。
DSC06634.jpg

ロープウェイ乗り場の天神平が見えてきました。
DSC06638.jpg

ここからは紅葉がいい感じですが近くで見るとピークは過ぎている感じです。
DSC06644.jpg

熊穴沢避難小屋通過です。
DSC06647.jpg

朝登ってきた西黒尾根です。
DSC06650.jpg

歩きやすい木道が続きます。
DSC06651.jpg

振り返ると山頂のガスが少し上がってきているように見えます。
DSC06658.jpg

ここから天神平には向かわずに田尻尾根を下ります。
DSC06660.jpg

ここの尾根は赤土が濡れていて滑りやすいです。途中で熊らしき糞があったので熊鈴を大げさに鳴らしながら急ぎます。ここは通った後はあるがほとんど人がいないので熊に会わないかハラハラでした。
DSC06661.jpg

しばらく下ると急に林道に出ました。ここからはベースプラザまで林道です。
DSC06663.jpg

ここまで来るといい天気です。
DSC06665.jpg

ロープウェイが上空を頻繁に通っていきます。
DSC06667.jpg

ベースプラザが見えてきました。
DSC06673.jpg

13時10分、ベースプラザ到着です。ベースプラザでお土産を買ってから駐車場へ。
西黒尾根は急登ですが距離も短かかったので問題なく大丈夫でしたが、蛇紋岩は滑ると聞いていたが予想以上に滑るのでびっくりでした。
駐車場から出るときに係員に駐車料金を払って2日目の目的地の苗場山に向かいます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。