FC2ブログ

表銀座縦走 前日~1日目

9月13日~15日の3連休でSと二人で7月に予定していたが雨で延期していた表銀座縦走に行ってきました。Sは2日で行こうと言うが自分は自信がないので3日間の予定にしてもらった。

9月12日、仕事が終わってから最後の準備をしてシャワーを浴びてから午後8時頃自宅を出発。Sは10時くらいまで仕事が終わらないため先に出発。11時30分頃、待ち合わせ場所の道の駅奥飛騨温泉上宝に到着。先に車中泊をする。

9月13日、朝5時に起きて車中泊をしていたSを起こして沢渡を目指した。Sの車を沢渡に置いておいて、自分の車で登山口の中房温泉まで行く予定だ。一番大きい沢渡第2駐車場に行くとすでに満車、第3駐車場に止めて中房温泉に向かう。
沢渡から1時間くらいで中房温泉への林道に差し掛かると満車のため、車を止められビフ穂高北駐車場の案内図を渡されたのでそこを目指した。朝の2時に満車になったそうだ。車を止めて準備をしてバス停のあるしゃくなげ荘に向かい、何とか臨時バスに乗り込んだ。
駐車場に着いたのが8時頃、本当はそろそろ登山を開始している予定だったが大きく予定が狂ってしまった。バスの運転手が言うには中房温泉を予約していると言えば行ける裏技があるみたいだがバスとのすれ違いがなかなか大変なので混雑する時期はバスのほうがいいみたいだ。しゃくなげ荘から中房温泉まで1200円でした。
DSC05743.jpg

中房温泉に到着してここで登山届けを出します。たくさんの人で混雑しています。
DSC05744.jpg

トイレを済ませて準備運動をして9時18分登山開始です。予定より1時間以上遅れでの開始です。テント装備での登山は5月以来の4ヶ月ぶりです。
DSC05746.jpg

テント装備が重いのでゆっくり登りって第1ベンチ到着。ここで少し休憩。いつもはSに置いていかれるが今日は装備が重いのでSも本調子ではないようだ。
DSC05747.jpg

10時23分、第2ベンチ到着。コースタイムではここまでで1時間30分なので思ったよりいい感じで登っています。
DSC05749.jpg

しかし、だんだんペースが遅くなってきます。やっぱり重装備がこたえるようだ。Sは仕事が忙しくてここ1ヶ月以上登山に行っていないのでどんどん調子が落ちてきています。
それでも休みながら第3ベンチ到着。天気は良いが止まると寒いのでこまめに上着を着たり脱いだりします。
DSC05750.jpg

登りやすい登山道が続きますがバテバテです。
DSC05751.jpg

11時49分、富士見ベンチ到着。おにぎりと行動食を食べます。
DSC05753.jpg

12時25分、合戦小屋に到着。すごく混雑しています。温かいうどんが食べたかったが、ザックの重さを軽くするため残りのおにぎりで我慢します。ここで燕山荘のテント場が満杯の看板があり次の大天荘のテント場がいっぱいにならないか心配になってきた。Sはテント場がいっぱいだったらヒュッテ西岳まで行こうと言い出したがこのペースだと絶対無理だ。ここからコースタイムで燕山荘まで1時間10分、燕山荘から大天荘まで3時間40分、大天荘からヒュッテ西岳まで3時間20分、第2ベンチあたりから大幅にコースタイムより遅れだしているので、コースタイム通り行ったとしても夜8時30分を過ぎてしまう。俺はヒュッテ西岳までは無理だからと言って先に進むことにした。
DSC05756.jpg

名物のスイカがまだ売っていましたが寒いので買いませんでした。
DSC05755.jpg

少し紅葉しているところもあったがまだ早いようです。あと2週間くらいあとかな。
DSC05757.jpg

ようやく稜線に出ましたがガスで燕山荘は見えません。この辺りから心配していたSの高山病が出始めたのでさらにペースを落として休憩を多くします。
DSC05759.jpg

13時46分、燕山荘に到着。Sも5分くらい遅れて到着。
DSC05765.jpg

燕岳もガスで見えなかったが、たまに半分だけガスが取れました。燕岳は1度来ているし今日は時間もないので今回はパスします。
DSC05769.jpg

テント場は情報通りいっぱいです。
DSC05763.jpg

さあ、ここから大天荘に向かいます。ガスで見えないので距離感が分かりません。この先を進む人は少ないようです。
DSC05770.jpg

今回の目的地、槍ヶ岳ももちろん見えません。
DSC05773.jpg

途中で雷鳥発見。ラッキーだ、ついでにテント場も空いている気がする。
DSC05784.jpg

雷鳥アップです。
DSC05785.jpg

しばらく進むと蛙岩発見です。
DSC05791.jpg

大天井岳まで5.6km、まだまだです。先を急ぎましょう。
DSC05793.jpg

大下りの頭、ここから下ります。
DSC05794.jpg

ガスでどれくらい下るか見えません。
DSC05795.jpg

下りきるともちろん登り返しです。
DSC05796.jpg

ガスで全体は見えないが、おそらくあれが大天井岳でしょう。この辺りで後ろのSに声をかけると知らない声が。Sだと思っていたら別人でした、恥ずかしい。。。Sは遥か後ろに歩いています。
DSC05802.jpg

大天井岳までの唯一の鎖場です。
DSC05806.jpg

鎖場を下りると喜作レリーフがあります。ここからすぐに分岐があって大天荘までもうすぐです。Sと相談して自分が先に行ってテント場を確保することにします。Sは高山病がひどいようです。
DSC05807.jpg

16時37分、分岐に到着。右に行くと大天井ヒュッテ、左に行くと大天荘や常念岳方面です。ここから大天荘まで40分なので最後の力でがんばります。
DSC05809.jpg

この最後の登りがきついですがテント場確保のためがんばります。
そして17時4分、大天荘到着です。がんばって27分で到着。急いで2人分のテント受付をして2張分の場所を確保出来ました。ここのテント場は30張ですが倍以上は張れそうな感じでだったので助かりました。
DSC05810.jpg

疲れたのでビールを飲みながら待っていたがSがなかなか来ないので心配になってきたが、17時30分頃ようやく到着。
それぞれテントを張って明日に備えて早めに就寝です。
今日はなんとかここまで来れて良かった。明日は槍ヶ岳山荘か殺生ヒュッテまでなので時間的に余裕があるので大丈夫でしょう。Sの高山病も良くなっているはずです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。