FC2ブログ

仙丈ケ岳登山

8月14日
朝4時前に目が覚めた。まわりはすでにテントを撤収している人もいるようだ。雨は降っていないようなので安心して朝食を食べて準備を始めると雨が降ってきた。雨が止まないかしばらく待ったが止みそうにないので諦めてレインウェアを着て出発することにした。今日は一眼レフは置いていきます。
5時20分、雨の中登山開始です。
DSC05601.jpg

林道に戻ったところに2合目に合流する登山口があるのでここから登ります。
DSC05602.jpg

登ってすぐに北岳展望台がありますがもちろん見えません。
DSC05604.jpg

2合目に到着です。ここで北沢峠の登山道と合流します。
DSC05605.jpg

足が重いようなので3合目でアミノゼリーで栄養補給しておきます。
DSC05606.jpg

4合目通過。
DSC05607.jpg

6時51分、5合目大滝頭に到着です。景色が全く見えないので時々休憩をしながら淡々と登っていきます。雨も強くなったり弱くなったりしますが止む気配はありません。
DSC05610.jpg

ここからは岩が多くなってきましたので滑らないように気をつけます。
DSC05612.jpg

このあたりから森林限界のようです。天気が良ければ景色が見渡せるはずですが、今日は残念です。
DSC05614.jpg

6合目通過します。
DSC05615.jpg

相変わらずの景色なので我慢の登山が続きます。
DSC05616.jpg

たまに花でも撮りながら登ります。これはチングルマかな。紫色のほうは分かりません。
DSC05619.jpg

7時50分、小仙丈ケ岳に到着です。雲の上に出てくれることを期待していましたがどうやら今日は景色は全く見えることはなさそうです。すでにレインウェアは全く雨をはじかなくなっていて雨と汗でずぶ濡れです。
DSC05620.jpg

これはチシマギキョウかな。
DSC05621.jpg

8合目通過です。
DSC05622.jpg

小仙丈ケ岳からの稜線はところどころ岩場があるので雨で滑らないように気をつけます。
DSC05623.jpg

仙丈小屋との分岐です。
DSC05624.jpg

途中で景色が見えない中で写真を撮っている人がいたのでよく見ると雷鳥発見です。
DSC05628.jpg

上のほうにも2羽発見です。景色が全くなので雷鳥を期待していましたが発見出来て良かったです。
DSC05632.jpg

8時50分、仙丈ケ岳登頂です。3時間30分で登頂です。
DSC05635.jpg

景色が見えないので三角点でも撮っておきます。
今日はもしかしたらTJARの選手がここを通過するかもしれないので少し待ってみようと思っていたが、雨で濡れた体に山頂での冷たい風があたって寒くていられなかったので残念ですが下山することにします。
みさごさんにはぜひTJARを完走してほしいと願いながら下山します。
DSC05636.jpg

途中で腹が減ってきたので小千丈ヶ岳で休憩しようと思ったら、韓国のツアー客でいっぱいでした。まだ登ってくる人がいたので30人くらいはいたと思います。休憩する場所もなかったので小千丈ヶ岳から下りたところで休憩して行動食と食べます。
その後、淡々と下りて11時23分テント場に到着です。テントでびしょ濡れのレインウェアを脱ぐと中もびしょ濡れでした。腹が減りまくっていたので長衛小屋で黒カレーを食べて復活です。
DSC05637.jpg

小雨の中テントを撤収して、北沢峠に向かいバスに乗って下山。仙流荘横の銭湯で汗を流してすっきりです。
本当は明日は富士山に登る予定でしたが、明日も雨が降りそうなので明日の富士山は中止に決めました。帰りは名古屋にでも寄って帰ろうと思い、下道でゆっくり名古屋に向かい途中で車中泊。次の日に好日山荘や石井スポーツをまわってレインウェア用の洗剤と撥水剤、リードクライミングの練習用のクイックドロー、その他Tシャツなど購入してから下道で帰宅。

2日目の仙丈ケ岳の天気は残念でしたが1日目の甲斐駒ヶ岳では天気も良く景色も最高でした。今回の2座で百名山30座到達です。次は百名山50座を目標にしよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。