FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの槍ヶ岳へ 2日目 後編

9時20分、槍ヶ岳山荘から大喰岳に向けて出発。
IMG_5052.jpg
槍ヶ岳キャンプ場、今日はここのキャンプ場も結構空いている。
IMG_5054.jpg
飛騨乗越、ここから下れば槍平小屋に行ける。次はこっちからも登りたいな。
IMG_5056.jpg
笠ヶ岳、今日は会社の後輩が笠ヶ岳の日帰り登山に挑戦してるはず。
IMG_5058.jpg
9時50分、大喰岳に到着。近くにいたおじさんに撮ってもらいました。10分ほど休憩して出発。
IMG_5065.jpg
途中に2段のはしごが。
IMG_5075.jpg
10時35分、中岳に到着。ここからの槍がかっこいい。
IMG_5078.jpg
中岳から穂高連峰。
IMG_5080.jpg
天狗原分岐。ここら辺でさっきから飛んでいるヘリをズームで撮ろうとするとなぜかピントが合わない。一眼レフを調べると望遠レンズのAF(オートフォーカス)のスイッチがMF(マニュアルフォーカス)に切り替わっていた。家に帰ってから画像を調べたら、槍ヶ岳山頂前辺りから切り替わっていたようだ。山頂に登っている時に体に当たって切り替わったのだろうか。せっかく一眼レフを持ってきたのにショックだ。
IMG_5108.jpg
11時55分、南岳に到着。
ここであとから来た2人組の写真を撮ってあげて話をすると、自分と同じババ平から同じコースで来たようだ。自分は4時5分出発に対してこの2人は6時に出発したようだ。2時間の差を追いつかれてしまったようだ。みんな健脚だな。この2人は南岳小屋で一休みしてくると言ってここで別れた。
IMG_5117.jpg
南岳から見た大キレットと北穂高岳。すごい迫力だ。南岳小屋の先から大キレットを覗き込んでいる人が見える。いつかは挑戦してみたいが、焦らずに少しづつきびしいところを挑戦してからにしよう。
IMG_5126.jpg
槍平小屋とキャンプ場をズームアップ。
IMG_5142.jpg
槍ヶ岳へ続く東鎌尾根。こちらも行ってみたい表銀座縦走路、ここの問題点は登山口と下山口の遠さだ。
IMG_5146.jpg
笠ヶ岳を通り過ぎるヘリコプター。さっきから何往復もしている。笠ヶ岳に登っている後輩はもう登頂しているだろうか。通信オフにしているのかラインの返事はない。
IMG_5151.jpg
天狗原分岐に戻り、持ってきたチーズクロワッサンを食べて12時30分に天狗原に向けて出発。鎖場が続くがここの鎖は細くて頼りないので鎖は使わずに慎重に下る。
IMG_5160.jpg
ここでも2段ハシゴが。ここからしばらく行くと日陰が続き、昨日の雪が残っているため慎重に滑らないように下りた。
IMG_5161.jpg
途中で北穂高岳、かっこいいな。山頂に人が見える。
IMG_5164.jpg
さらに進むと、北穂高と前穂高が見えた。どっちもかっこいい。
IMG_5167.jpg
ナナカマドの実と槍ヶ岳。
IMG_5182.jpg
14時ようやく天狗池に到着。紅葉が終わっているのが残念だが、ここからの逆さ槍は最高だ。ただ、少し風が吹いていたため水面に波がありなかなかきれいな逆さ槍が撮れなかった。
IMG_5203.jpg
10分ほど撮影をしてキャンプ場に向かうが、かなり疲れていたためゆっくり歩き、14時45分天狗原分岐に着く。
IMG_5232.jpg
ババ平キャンプ場まであと少し。
IMG_5244.jpg
15時55分、ようやくババ平キャンプ場に到着。
IMG_5246.jpg
行動時間11時間50分、かなり疲れた。ビールが欲しかったが、槍沢ロッジまで行く気になれないので諦めた。テントも昨日より減っていて快適だ。昨日は狭すぎてペグが蹴られまくって結露が激しかったが、今日は蹴られなさそうだ。
夕食をとってトイレに行くと南岳で会った2人とまた会って話をした。帰りも追いつかれると思っていたが追いつかれなかったのは大キレットを30分ほど下ってから戻って来たようだ。来年にはジャンダルムに挑戦するらしい。自分も挑戦したいがまだ怖い。もう少し慣れてからにしよう。
テントに戻って寝ようとすると、今日も奇声が。今日は数分で終わったため、すぐに眠りについた。」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。