FC2ブログ

西穂高岳

10月5日6日でどこ行こうか考えていると、4日の金曜日が有給が取れそうな感じになってきた。天気がよくならないかと願っているがどうも週末の天気が怪しい。土曜の天気がどうも悪そうなので、泊まりにしようか日帰りにしようか迷う。

泊まりなら涸沢泊まりの奥穂高岳、日帰りなら西穂高岳にしよう。ぎりぎりまで待ったがやっぱり土曜が天気がくずれそうなので、4日の金曜に日帰りで西穂高岳に決定。

新穂高ロープウェーの始発が8時30分で最終が4時45分、8時45分から登り始めて約8時間、コースタイムが約8時間、時間内に無事戻ってこれるだろうか。

1時30分までに辿り着かなかったら戻るか、あるいは西穂山荘に泊まるか、そのときの状況によって決めよう。出来るだけ荷物を減らして身軽になって行こう。岩場が多いのでストックも無し。

10月4日 朝4時20分頃出発。

8時頃、第2ロープウェー乗り場の駐車場に着く。車がまったくないのでどんどん上の駐車場に、バス専用の下の駐車場に停める。人がいないのでタダなのかなと思い準備してロープウェー乗り場に行くが、まだ閉まっているようだ。

上空に薄い雲がかかっているが天気は良さそうだ。笠ヶ岳もきれいに見えた。
DSC04024.jpg
しばらくするとロープウェー乗り場が開いて切符を買う。このとき一緒に駐車料金も取られた。だから駐車場に人がいなかったのだ。

切符を買って改札口で待つがなかなか開かない。8時40分過ぎにようやく開いて8時45分過ぎにロープウェー発車。9時前に西穂高口に到着。

みんなが屋上に向かったので同じく屋上に向かう。絶景だ。

白山がきれいに見える。
DSC04045.jpg
笠ヶ岳方面は青空が見えてすばらしい。
DSC04047.jpg
槍ヶ岳もはっきり見える。いつか行きたい。
DSC04048.jpg
槍ヶ岳ズームアップ。
DSC04049.jpg
これから向かう西穂高岳。無事に登頂出来るだろうか。
DSC04051.jpg
9時過ぎに登山開始。ここから西穂山荘まで1時間30分。
DSC04053.jpg
すぐに、播隆上人の像がある。
DSC04054.jpg
ここから見える北アルプスの看板。
DSC04055.jpg
ここで登山届けを書いて提出。
DSC04056.jpg
紅葉の間からの笠ヶ岳がきれいだ。
DSC04060.jpg
最初は少し急ごうと思い数人を抜いて行くと、9時50分に西穂山荘に到着。
このコースタイム合ってるのか疑問だ。
DSC04064.jpg
平日だから人が1組しかいなかった。
DSC04066.jpg
西穂高岳まで2.4km、がんばっていこう。
DSC04067.jpg
山荘から少し登ると一気に景色がひらけてきた。
白山と笠ヶ岳。
DSC04070.jpg
焼岳と後ろに乗鞍岳。
DSC04072.jpg
これから向かう目的地。手前から西穂独標・ピラミッドピーク・西穂高岳。
DSC04076.jpg
笠ヶ岳と紅葉。
DSC04079.jpg
すぐに丸山到着。
DSC04084.jpg
振り返ると焼岳と乗鞍岳。
DSC04088.jpg
よく見ると富士山発見。
DSC04091.jpg
丸山から少し行くとガレ場を登るが歩きにくい。
ガレ場を過ぎると最後の独標までの岩場だ。岩場がしっかりしているので見た目ほど怖くない。
DSC04099.jpg
10時50分、西穂高岳到着。
DSC04101.jpg
次に向かうピラミッドピーク。
DSC04112.jpg
西穂高岳から戻ってきた人達が独標に登ってくる。ここから見ると結構怖い。単独の山ガールが一人、ここでヘルメットを装着していた。ここから先は本格的な岩稜地帯だ。
今まで危なそうな所は避けてきたので初めての岩場だ。一番危なそうだったのは唐松岳と五竜岳の間の牛首くらいだ。
DSC04104.jpg
実際下りてみると整備されていて見た目より怖くなかった。
1ヶ所、9峰から8峰に下りるとき上から見ると足場がよく見えないところが怖かった。片側は切れ落ちて落ちたら死ぬなと思った。何とか足場に足を置いてもつま先だけで怖かった。

西穂高岳から戻るときは足場がよく分かってそれほどではなかったが、一組のカップルがここを行けずに戻っていった。
DSC04126.jpg
途中でさっきの単独の山ガールを抜かせてもらってしばらく行くとピラミッドピークに到着。
DSC04128.jpg
6峰通過。
DSC04138.jpg
途中でコンデジのメモリースティックがいっぱいになったので、休憩出来そうなところまで行って古い写真から消去していく。以前、間違って全消去してしまったことがあるので、今日撮った写真は消さないように慎重に消していく。
2峰通過。もうすぐだ。
DSC04140.jpg
最後の山頂直下の登りは手も足もつま先ぐらいしかないところなので結構怖かったが、11時55分とうとう西穂高岳登頂。
DSC04144.jpg
槍ヶ岳がかっこいい。
DSC04146.jpg
ジャンダルム、いつか行ける日が来るのだろうか。
朝、穂高岳山荘から来たおじさんがおばさん達に質問攻めにあっていた。ここまで6時間くらいで来れたそうだ。
DSC04159.jpg
絶景をパノラマで。
DSC04164.jpg
紅葉もきれいだ。
DSC04171.jpg
今日来た稜線。
DSC04177.jpg
絶景を楽しみながらカレーパンを食べて、12時15分に下山開始。
山頂直下の下り、実際はもっと怖かった。
DSC04179.jpg
岳沢の紅葉もきれいだ。
DSC04191.jpg
独標には観光客がいっぱいになっている。独標で満足して帰る人が結構多かった。
DSC04192.jpg
西穂山荘に到着、テント場には1張だけ。
DSC04196.jpg

DSC04198.jpg
西穂高口からの登山道での下山は禁止らしい。
DSC04199.jpg
2時45分、無事ロープウェー乗り場に到着。休憩入れて5時間45分。平日ですいているとこれくらいで行けるのか。ただ週末で渋滞が起きるとかなり時間がかかりそうだと思った。
DSC04201.jpg
3時15分のロープウェーで下山。紅葉がいい感じ。ロープウェー内から撮影。
DSC04205.jpg

DSC04206.jpg

DSC04210.jpg
登りのロープウェーをすれ違う。
DSC04214.jpg
ロープウェーから見た駐車場。この時間でこの台数、やっぱり平日は少ないな。
DSC04217.jpg

帰りに「ひがくの湯」に入ってさっぱりした。入浴料は700円だが、ここに置いてある『うまい棒』はなんと食べ放題だ。

今回は平日ですいていて良かった。景色も良かったし、本格的な岩場を体験出来てよかった。槍ヶ岳や奥穂高岳に行く前に体験してよかったと思う。欲を言えばもう少し青空が見れたら良かったかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 初めまして★

こんばんわ、シュロさん。
コメントありがとうございます。
今年から少しきびしそうな所も少しずつ挑戦していこうと思って
西穂高岳に挑戦してみましたが実際に行くと
やっぱり怖いところもあったし、それほどでもないところもあったりと
いい経験になりました。
挑戦するなら天気がいい日に渋滞の少ない平日がお勧めですよ。

初めまして★

こんばんは♪初コメントになります◎

西穂高岳まで行かれたのですね!すごい!
写真で見ると、コースの迫力が伝わってきます…!
どこを通っていいか、わからないですね…
いつか自分で判断して登れるようになったらいいなぁ〜と思いました^^
おじゃましました〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。