FC2ブログ

別山登山

9月29日

鹿島槍ヶ岳登山から1週間、前から気になっていた別山に行くことにした。

朝3時15分頃出発し、4時40分頃市ノ瀬ビジターセンターに到着した。

今日は距離が長いので朝一のバスに乗れてよかった。しかも座れてラッキー。

別当出合でトイレと準備運動をすませ、登山届けを提出して5時30分登山開始。

前回は膝が痛くなったし、今回は距離も長いため最初からストックを使用。
DSC03907.jpg
7時過ぎに甚之助避難小屋に到着、5分くらい休憩する。
DSC03918.jpg
7時30分頃、南竜分岐に到着。これから行く別山がかっこいい。

ここまで2時間、今までで一番速いかもしれない。

3週連続で登山に行っていて、ストックも使っているからかもしれないな。

室堂までどれくらいで行けるか試してみたくもなったが、

室堂まで行っていたら帰れなくなってしまうかもしれないと思い、

南竜へ向けて出発する。
DSC03919.jpg
すぐにエコーライン分岐を通過。白山には5回登っているが、

エコーラインはまだ通ったことがないので次回ここを通ってみようと思う。
DSC03928.jpg
すぐに南竜山荘に到着。
DSC03929.jpg
南竜ヶ馬場テント場、テントを張っている人はまばらだったが、

ここのテント場はめちゃくちゃ広い。
DSC03938.jpg
テント場を過ぎると一旦下り、油坂を登り返す。

たぶん、別山までの道のりではここが一番きついはずだ。

あのジグザグの道を登って行く。写真を撮ってなかったのでこれは前回の写真。
DSC03652.jpg
きつい登りが続くが、マイペースで登っていくと乗鞍岳らしき山が見えてきた。
DSC03950.jpg
テンションが上がってきたのでがんばって油坂を登りきると、

北アルプスから乗鞍岳や御嶽や南アルプスまで絶景が広がっていた。
DSC03960.jpg
これから向かう別山もようやく見えた。
DSC03962.jpg
北アルプスをズームアップ、槍ヶ岳と大キレットがはっきり見えた。
DSC03983.jpg
油坂ノ頭でしばらく景色を楽しんだあと別山に向かう。

ここからはアップダウンも少なくてなだらかな稜線が続くが、

片側が切れ落ちて危険なところも何ヶ所かあった。

別山まであと500m、帰りのチブリ尾根は市ノ瀬まで9km。
DSC03986.jpg
石室通過。
DSC03988.jpg
11時前に、別山到着。
DSC03994.jpg
別山平と春に上小池から登った三ノ峰。
DSC03992.jpg
石徹白から続く稜線。いつか行ってみたい稜線だ。
DSC03993.jpg
別山からの北アルプスと雲海、大白川ダムもきれいだ。
DSC03996.jpg
別山からの白山もいい感じ。
DSC03997.jpg
景色を見ながらカレーパンを食べて11時10分頃下山開始する。

さっき行きたいと言っていた石徹白まで18.9km、往復37.8km。

自分の体力では日帰りは不可能だ。
DSC04005.jpg
御舎利山頂上、標識が壊れていて見えないがここから下るはず。
DSC04007.jpg
ここから9kmか、長い下りの始まりだ。
DSC04008.jpg
ここから急なガレ場が続くので、膝に負担をかけないようにマイペースで下る。

1時間ほどでチブリ尾根避難小屋に到着。ここには小さい子供を背負える

ザックを下ろして休憩していた家族がいたが大変そうだ。
DSC04010.jpg
途中で白山方面を見ると、ガスで隠れていた。
DSC04013.jpg
避難小屋からはなだらかになり歩きやすくなってきた。

でもかなり歩いてきたがまだ半分、長いな。
DSC04014.jpg
さらになだらかに下るとようやく道路が見えてきた。

ようやく着いたかと思ったが、あと1.4km。
DSC04018.jpg
道路を横切り登山道に入ってを何回か繰り返すと最後の道路に出たようだ。

ここからは工事用車両が通るのでボタンを押して通行中であることを教えて通る。
DSC04019.jpg
この道路を進んで2時30分に市ノ瀬に到着した。9時間の山行長かった。

去年、会社の後輩にこのルートに白山頂上をプラスするルートを誘われたが、

一緒に行かなくてよかった。後輩は白山頂上はやめて室堂までにしたようだが、

8時間で戻ってきているので、自分だと南竜分岐から室堂まで1時間以上、

室堂から南竜まで1時間で合わせて約2時間かかるとして、

一緒に行っていたら3時間くらい待たせることになっていたかもしれない。

でも、標準タイムが10時間弱だから自分にしてはかなり速い方だ。

今までは白山は1年に1回くらいしか行ってなかったが、

今年は白山2回、別山1回、三ノ峰1回。

白山は近くて登りやすいし好きな山なので、いつの日か

すべてのコースを制覇してやろうと思った。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。